保全・効率化・延命化サポート

設備管理サポート事業

設備の高経年化が問題となる昨今、損傷などのトラブルが発生してから対応する対症療法型管理ではなく、損傷の推移を適切に予測し事故の発生を未然に防ぐ、予防保全型管理が重要視されています。

予防保全が重要な今だからこそ豊富な電力設備管理サポートの実績を持つ当社が『設備管理・保守のノウハウ』を活かしてお客さまの設備管理をサポートします。
電力設備に止まらず、製造業の現場など様々な業種の設備保全管理業務をサポートします。
設備を良好な状態に常に維持しておくことが、高効率化とコスト削減、保守管理面で非常に重要となります。

よりよい保全計画・予防保全の実現によって、設備の延命化、効率化、コスト削減に貢献します。

主な設備点検メニュー

  • ボイラー等設備点検(目視点検による状況検査とりまとめ)
  • 高温部材のクリープ余寿命診断(レプリカ、破断試験など)
  • 各種金属材料検査(ミクロ組織検査、破面解析、損傷原因評価、非破壊検査など)
  • 設備の経年的検査のデータベース化 など

様々な技術を融合させ、お客さまの設備点検をサポートします。

Page Top